保冷剤は熱中症予防に効果的

食べ物を熱から守り鮮度を保つために使われることが多い保冷剤ですが、食べ物を守ること以外にも活用法があることはあまり知られていません。

OKWave関連のノウハウを解説します。

使わない物を処分していたという人は、食べ物の鮮度を保つこと以外の使い方を知って上手に活用しましょう。


保冷剤は夏になると増加する熱中症の予防に効果的です。

太陽の熱により火照った体をそのままにしておくといつの間にか体力が奪われてしまい、体調を崩してしまいます。

医薬品の輸送に対する期待が寄せられています。

熱中症には水分や塩分の補給が効果的ですが、体の熱を取り除くことで早く奪われた体力を回復することが可能です。

水分や塩分を補給するのと同時に体を冷やすようにするとより効果を実感することができるので、熱中症の疑いが強いときに実践してみましょう。

保冷剤を当てておく場所はどこでもよいわけではありません。

首の後ろ側や脇、膝の裏側を冷やすことでより短時間で体を冷やすことができます。



冷やす場所を間違えてしまうと、効果が実感できなかったり体調を悪化させてしまう恐れもあるので、冷やす場所を間違えないようにしましょう。

直接保冷剤を体に当ててしまうと痛みを感じてしまいます。長時間、痛みを我慢していると皮膚に悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

ハンカチやタオルでくるんでから使うと直接肌に触れるのを防ぐことができるので、体を冷やす際は必ずハンカチやタオルでくるむようにしましょう。
暑い時期に長時間屋外で活動するときは保冷剤を携帯しておくことをおすすめします。