保冷剤の活用方法を考えよう

いつの間にか冷凍庫の中に溜まってしまっている物が保冷剤です。

アイスクリームや冷凍食品やケーキなどを買った時に商品が溶けたり痛んだりしない様にお店からもらったものです。

いつか使うだろうと捨てずにいると大変な数になっていることもあります。



何か良い使い道はないのでしょうか。アイスなどを冷やすことくらいしか使い道がないと多くの人は考えてしまいますが、実は大変便利な物として使う事ができるのです。

保冷箱情報のお得な利用法をお教えします。

今からその使い道をいくつかお話します。
保冷剤は吸収ポリマーと呼ばれている化学製品と水を合わせて作られたものです。

この吸収ポリマーと呼ばれるものが保冷するだけではなく、いろいろな使い道があるのです。


その1つ目が消臭剤として使う方法です。

M3Q選びをサポートするサイトです。

作り方は簡単です。

冷えていない保冷剤を他の容器に移し替えてニオイの気になるところへ置くだけです。水を吸収した吸収ポリマーは市販の消臭剤などに使用されているもので、ニオイを吸収してくれる働きがあるのです。2つ目は、鉢植えなどの保水剤として使う方法です。
この使い方も簡単です。冷えていない吸収ポリマーを鉢植えなどの植物の土のところに置くだけで水分が土の中に溶けだして水分を補ってくれるのです。

3つ目は、女性の美容のために使う方法です。やり方はとても簡単です。
冷えたままの保冷剤を洗顔した後の顔やおでこなどにあててあげれば冷感パック代わりになります。また、温めて温感パック代わりにも使うことができます。

この様にいろいろな使い道がある保冷剤は捨てずに試してみることをおすすめします。